FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > CR張り付きTEST

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

ひら URL 2009-12-08 (火) 10:39

お見事です!ピンキーさんはじめ皆さんそれぞれすごいですねー。真剣に遊んでますね!ところジェットの組み合わせはどんな具合でしたか?私のTMもいい感じになったんですが、いくつか不満点が出てきました。想定されることをやろうとすると、いくら掛かるか・・・

パタパタ URL 2009-12-08 (火) 21:10

ポン付けでも、といあえずはアイドリングして、
1/2ぐらいまでは使える状態でした。
その後、スロージェットを5セット、ジェットニードルを3セット、メインジェットを4セット試しました。でも、まだまだです。
それでも、いままでの怪しいビングよりは相当いい状態です。
確かに、コストはかかりますが、正直とても楽しいです。年内に試乗会をやりましょうね。

RTパパ URL 2009-12-09 (水) 22:08

閉じようとした時に起きる張付きとはどうゆうシチュエーションで起きるのでしょうか?
コーナー進入時比較的高回転からエンブレを掛けてそこから微開しようとしたら張付いていて・・・と言うのは何度か経験をしました。セッティングを進めてゆくうちにほとんど感じなくなりました。(コレもなぜかは?)
状況としては高回転で回る所にフタをする訳ですから張付きが起こる事は理解できるのですが開けていたものが閉じれなくなるとは・・・
テストをされた低開度の高回転のほうがまだ張り付きが起きそうな気がします。
ある意味、経験がないのは幸せな事なのかも知れませんね。

パタパタ URL 2009-12-10 (木) 11:02

RTパパさん:
そうですよね。全開時にはスロットルバルブはキャブレターのボアには出ていないのですから張り付きはありえないですよね。ただ、全開でスティックというのは状況としてあまりに危険なので、念のためにやってみました。
おっしゃるように起きやすいのは低開度の高回転のエンブレを掛けた時だと思います。250XL/Sも強制開閉の丸ピストンキャブですが、そういう状況で軽く引っかかるフィールを感じる時があります。ただ、もちろん、閉じ側ケーブルが付いているので危険は感じません。気分は良くないですが。
100の方が、80よりも気筒容積も大きいし、圧縮比も高いので条件はキビシイですね。
それにしても、セッティングにより張り付きが変わるのはどうしてでしょね?


Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://patapata2cv.blog118.fc2.com/tb.php/74-5ac9f336
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from パタパタ日記

Home > スポンサー広告 > CR張り付きTEST

Home > BMW R80G/S キャブレター > CR張り付きTEST

CR張り付きTEST

強制開閉CRキャブを引き側のみのケーブルで使う。
それだけでもリスクがあるのにスロットルが重いと文句を言い、リターンスプリングを弱める事をやってみる。

スロットルを戻そうとした時にそのまま開きっぱなしになったら、、、。おとろしいです。
入念なテストが必要です。

使用しているCRには〈中〉のリターンスプリングが装着されていた。
それのスプリングのプリロードを弱めるには下図のように引っ掛かけている場所をずらす。IMG_5443.jpg
当然そのためにはスロットルシャフトの脱着が必要。
そこで、ついでにスロットルバルブ、中子を外してチェック。IMG_5442.jpg
こんな感じ。思ったより仕上げは粗い。
引っかかるところ(バリ)を#800のペーパーでならし、全体をメタルポリッシュで磨く。
あんまりやると寸法が変わりそうだったのでざっとだが、手で触った感触はけっこう変わった。
まめしばさんが、今PEEK製スロットルバルブを製作していますが、私としては中子もやって欲しいと思います。

また、CRというとアイドルポートがない、それ故街乗り用のセッテイングが難しいと言われる。だが、CB250RS用に設定されたCR33にはパイロットスクリューはないけどアイドルポートはある! 
通常のアイドルポートのない物とはセッティングが異なるだろう。
IMG_5455.jpg
それと、ついでと言ってはなんだが、あまりに素敵なデザインのワイヤーブラケットを少々形を整える。IMG_5438.jpg

そして、第三京浜に向かう。
まだ、セッテイング中だが、率直に言って、いままでのへたっていたかもしれないビングに較べると、もの凄くいい!速いとかいう以前に、路地をゆっくり走っていてストレスがない。
スローの安定というか、とにかく綺麗にガソリンが燃えている感じがする。
それは、改造ピンキービングキャブを、ざっとセッティングして付けた時よりも洗練されたフィールだ。

私は、CRのデザインは極めて昭和の日本的な意匠だと思う。
同時代のカワサキZ系や鈴木のGSには収まりがいい。しかしBMWとは世界が違う。
ほんとうは、CRを付ける前に新品の当たりのビングを付けてみたい。しかし、それはあまりに現実的ではない。
なにしろ左右で13万円オーバーである。それが外れだったら、、私にはそこまでの度量はない。

R80G/Sは50馬力、圧縮比8.2 単気筒あたり400cc それに対する吸入負圧が発生する。
個々のエンジンによって、張り付かない(張り付きを剥がす?)リターンスプリングの強さは異なる。

それでテストの結果はというと
低いギアで回転を上げ、(スロットルバルブの開度は低い)開け閉めをする。逆に〈物語ですよ〉5速160㎞kぐらいで全閉にしてみる。
張り付きは起きなかった。
条件によってはスティックするかもしれないが。
慎重に様子を見ようと思う。
スポンサーサイト

Comments:4

ひら URL 2009-12-08 (火) 10:39

お見事です!ピンキーさんはじめ皆さんそれぞれすごいですねー。真剣に遊んでますね!ところジェットの組み合わせはどんな具合でしたか?私のTMもいい感じになったんですが、いくつか不満点が出てきました。想定されることをやろうとすると、いくら掛かるか・・・

パタパタ URL 2009-12-08 (火) 21:10

ポン付けでも、といあえずはアイドリングして、
1/2ぐらいまでは使える状態でした。
その後、スロージェットを5セット、ジェットニードルを3セット、メインジェットを4セット試しました。でも、まだまだです。
それでも、いままでの怪しいビングよりは相当いい状態です。
確かに、コストはかかりますが、正直とても楽しいです。年内に試乗会をやりましょうね。

RTパパ URL 2009-12-09 (水) 22:08

閉じようとした時に起きる張付きとはどうゆうシチュエーションで起きるのでしょうか?
コーナー進入時比較的高回転からエンブレを掛けてそこから微開しようとしたら張付いていて・・・と言うのは何度か経験をしました。セッティングを進めてゆくうちにほとんど感じなくなりました。(コレもなぜかは?)
状況としては高回転で回る所にフタをする訳ですから張付きが起こる事は理解できるのですが開けていたものが閉じれなくなるとは・・・
テストをされた低開度の高回転のほうがまだ張り付きが起きそうな気がします。
ある意味、経験がないのは幸せな事なのかも知れませんね。

パタパタ URL 2009-12-10 (木) 11:02

RTパパさん:
そうですよね。全開時にはスロットルバルブはキャブレターのボアには出ていないのですから張り付きはありえないですよね。ただ、全開でスティックというのは状況としてあまりに危険なので、念のためにやってみました。
おっしゃるように起きやすいのは低開度の高回転のエンブレを掛けた時だと思います。250XL/Sも強制開閉の丸ピストンキャブですが、そういう状況で軽く引っかかるフィールを感じる時があります。ただ、もちろん、閉じ側ケーブルが付いているので危険は感じません。気分は良くないですが。
100の方が、80よりも気筒容積も大きいし、圧縮比も高いので条件はキビシイですね。
それにしても、セッティングにより張り付きが変わるのはどうしてでしょね?


Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://patapata2cv.blog118.fc2.com/tb.php/74-5ac9f336
Listed below are links to weblogs that reference
CR張り付きTEST from パタパタ日記

Home > BMW R80G/S キャブレター > CR張り付きTEST

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。