Home > スポンサー広告 > 形あるもの必ず壊れる その2 〈クランク リアシールからのオイル漏れ〉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://patapata2cv.blog118.fc2.com/tb.php/221-eedea935
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from パタパタ日記

Home > スポンサー広告 > 形あるもの必ず壊れる その2 〈クランク リアシールからのオイル漏れ〉

Home > BMW R80G/S エンジン > 形あるもの必ず壊れる その2 〈クランク リアシールからのオイル漏れ〉

形あるもの必ず壊れる その2 〈クランク リアシールからのオイル漏れ〉

シリーズ第二弾!?
ずいぶん 間があいてますが、、、。
さて、時は遡って昨年の7月の事です。
毎年恒例`フジロック’参加の時、早朝苗場に着いた時、ふと見ると

DSC00614.jpg
ありゃま!

直前にオイル交換をしました。 そのとき入れ過ぎたので、オーバーフローしているのだろう、、、と思いこもうとしましたが あまりに無理があるよな。
クランクシャフトのリアエンドのオイルシール、アタシは交換していません。 ということはオリジナル(1980年製)の可能性が高いなあ。 当時はなかった、PAO系の化学合成オイルも入れたことあるしなー。 PAO系は未対策のオイルシールを収縮させます。 
 
                        *     *     *     *     * 

DSC02430.jpg クランクシャフトのリアシールというのは、矢印のところっす。
(これはアタシのではなく、ヒラさんの30万キロ以上走っているR80の参考画像)
単体だと
IMG_5135.jpg
こんなの。  交換用のシールは持っていますが、ここを変えるのは、専用の治具がないとキビシイようです。
ということは、お店に出さなきゃだめかー。

オイルはクラッチにも回ったんだろうなー。 5000回転ぐらいでスロットルを全開にすると車速と比例せずに回転が上がる!    いつの間にかCVTになったんか?
でも、逆に考えると、負荷をかけなければ、とりあえずはイケル。 高回転、スロットル開度1/2以上にしなければ まあごまかせる。現状でも高速で120kmぐらいはだせる。(タンデム、キャンプ装備で)

どうせ、ミッションを降ろすのなら、ミッションも換えたいなあと思っていたのでした。
なぜなら、このG/S、オリジナルのミッションはドックがガタガタで 88年頃の後期型のミッションを使っているのだ。 ←気にいらない。     時代のあった81年頃のミッションの素材は持っているので、どうせバラスのなら 整備して、乗せ換えたい、、。             

でも、色々あって、今もそのまま、ごまかしながら乗っているのです。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://patapata2cv.blog118.fc2.com/tb.php/221-eedea935
Listed below are links to weblogs that reference
形あるもの必ず壊れる その2 〈クランク リアシールからのオイル漏れ〉 from パタパタ日記

Home > BMW R80G/S エンジン > 形あるもの必ず壊れる その2 〈クランク リアシールからのオイル漏れ〉

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。