Home > スポンサー広告 > 左シリンダーヘッドを交換する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

まめしば URL 2012-07-12 (木) 20:05

大した距離を走っていない割には燃焼室がオイルっぽいんですね・・・
ガイドを作り直すとともに、ステムシールが入るようにして、それから、ステムエンドをチョイとカットしてドゥカティパンタ系のオープンシムを乗せるといいです。
それで、ステムにかかる側圧をだいぶ減らせます・・・
実は、私がグッツィでやった手法・・・効果テキメンです。

ひら URL 2012-07-12 (木) 21:31

かさぶたをはがす気分。カーボン掃除の「絵」はなぜか好きでございます。

ををつか URL 2012-07-12 (木) 21:57

「こんな耕耘機みたいなエンジン」至言ですね。
私は「農発(農業用発動機)レベルのエンジンだな」と先輩から言われました。

バルブステムには色々な意見が有るようですね,SR500のステムがそのまま使えてステムシールも有効とか,砲金のステムガイドを作ってもらうとか,設計的に見てオイルが入って丁度良い設計だから変にいぢるな,とか。

RTパパ('88R100RT) URL 2012-07-12 (木) 22:25

私のRTはメーターを信じるなら32,000km程度でピストンはこの倍以上のカーボンが、まるでハイコンプピストンのトップ部分が溶解したような状態でした。リングの合い口は限界一杯だったし。この時でオイル消費は400CC/1,000KM位。
OH時にステムシールを付けてからは2,000km走行でレベルゲージ上で1mm程度しか減らなくなりました。
それにしてもオイル焼け、すごいですね。

パタパタ URL 2012-07-13 (金) 00:49

まめしばさん:
どうもっす。雑なメンテをしやがってと怒らないでね♪
直押し式のDOHCならともかく、ロッカーアームがバルブを押してるんでステムの側圧はキツイですよね。
それで、潤滑を重視して、BMWはステムシールをあえてつけてないんじゃないかと思うんですよ。でもステムシールを追加している人もけっこういて、それによってステムが囓ったというハナシも聞きません。
悩ましいところです。

‘ドゥカティパンタ系のオープンシムを乗せる’というのは、ちょっとよくわからないので、今度詳しく教えてください。

パタパタ URL 2012-07-13 (金) 01:05

ひらさん:
確かに‘充実感’というか、イイコトをしてるという気分になりますね。

ををつかさん:
とりあえずのごまかし修理ですが、バルブガイドの入れ替えはしなきゃだめですわ。そうはいっても、まだ引っ張ると思いますが。

RTパパさん:
32000km時にOHですか。その時は純正のガイドを入れ替え、ちょっと加工してSRのシールをIN側だけ付けたんでしたっけ?

オイル焼け、こんなヒドイの見たことないです。以前の使い方が思いやられますわ。

RTパパ('88R100RT) URL 2012-07-13 (金) 10:18

OH時にやったのはヘッド1mm面研、IN側ステムシール取付け、
ピストンリング交換です。

随分前の話になりますが嫁の乗っていた軽四、2,000km/年しか乗らないので車検ごとにOILとエレメントを交換というものぐさを決め込んでいました。5年くらい経ってオイルキャップから中をのぞくとOIL焼けでまっかっかでした。以降半年に一度OIL交換をするようにしたら綺麗になりましたとさ。

パタパタ URL 2012-07-13 (金) 10:45

RTパパさん:
それじゃあ、ピストントップがカーボンだらけだったのは、オイル上がりが原因だったのですか?
そのとき、ガイドのガタは、それほどでもなかったのでしょうか?

RTパパ('88R100RT) URL 2012-07-13 (金) 22:05

ピストントップや傘のカーボンはここの画像のようにオイリーではなく溶岩のような乾いた物でした。
ガイドのガタは多少はある程度(良く判らない)酷くは無い位だと思います。
過去に見たオイル上がりのシリンダはストローク範囲もオイル焼けで茶色くなっていましたが私のは綺麗でしたしガイド内もオイル焼けの状態は無かった。
ガイドとリングの状態からいくと上りの方がメインだろうか。
前オーナーが使用していたoilとかキャブセッティング等の問題でもあったのか?

RTパパ('88R100RT) URL 2012-07-13 (金) 22:16

PS:明日は新潟でお泊り、関東組4名と地元1名+私で翌日は喜多方ラーメンを食べにひとっ走りして現地解散・・・いまドシャ降りです。(;・;)

パタパタ URL 2012-07-14 (土) 00:47

RTパパさん:
雨中、ごくろうさんです。
無事の帰還を祈っております。

RTパパ('88R100RT) URL 2012-07-17 (火) 10:33

とてもベリースペシャルな2日間でした。
チョット長いですが帰還後に友人たちへ贈ったメールのコピーです。

 お蔭様で2日間楽しい時間を過ごす事が出来ました。
喜多方ラーメンもとてもうまかったッス!

皆様は雨に合わずに無事帰宅できましたでしょうか?
わたしは「4時過ぎに無事帰宅」と報告予定でしたが・・・

北陸高速道上越IC手前(新潟ー金沢の中間位)を走行中何かシンナーのような匂いが・・・一瞬後ガソリンの匂いに変わりました。
周りを見回しても建物も無ければ車も居ません。
自分のバイク?と思いながらタンク周りを見るとなんと右キャブからシャワーのように・・・

「北陸道でバイク炎上」の新聞記事が頭を過ぎります。
燃えるバイクを呆然と見つめる俺・・・いや、ブーツがガソリン塗れだから俺も炎上?
思わずもれている所を手で押えてあわてて路側帯に停止、コックを閉めます。(最初からコックを閉めれば良いのにね。次回?からはそうします。)

キャブの燃料供給口のメクラ蓋がありません。
ここはJAFのお世話になるしかないと思い連絡します。
「栓を出来るようにφ10~12位のゴム栓が欲しい」との要求を伝えますが「そんなものは・・・」ですよね。

JAF到着まで40分位掛るとの事でどこかにぶっ飛んだ栓が落ちていないか?代用できそうな物は無いか?と周囲をウロウロ。
微妙にテーパーの付いた桜の木の枝発見!
ほど良い長さにカットして到着を待ちます。
1kmほど先にPAがあるとの事でとりあえずそちらへ移動して作業を進めますがやはり木の枝、じわじわと漏れて来ます。
いろいろ思案した結果、ゴムチューブの切れ端から丸いシートを切り出して奥に挿入。何とか漏れは収まりました。
救援に来てくれたJAFの人もバイク乗りでアフリカツインとカジバエレファンとに乗っているそうです。
CRが付いたBMWは珍しいようで話し込んでしまいました。
良い人が着てくれてほんとに良かったです。
感謝、感謝の1日でした。

 お盆に墓参りも行かずに遊んでいたから親父が怒ったのかな?と思いながら7時には無事帰宅。
よく16日は1日遅れながらしっかりと墓参りをしてきましたとさ。

パタパタ URL 2012-07-17 (火) 17:20

RTパパさん:
ありゃま、たいへんでしたね。
なんで、ふた、とれちゃったんでしょう?
圧のかかるところでもないし。
でも、ご無事でなによりでした。
私も蓋チェックします。

RTパパ('88R100RT) URL 2012-07-17 (火) 21:55

パタパタさんのはダイジョーブだと思います。
私のは4連バラシの内側2個なので燃料パイプ
で左右が繋がっています。
使わない側にスペシャルワンオフパーツで(2個作ったからツーオフ?)栓をしてあったのが1個振動でぶっ飛んだようです。
二日間で約1,000km ほとんどが高速でチョッと飛ばしすぎたかな?と反省。
あ、↑コメント欄に長々と申し訳ない。m(__)m

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://patapata2cv.blog118.fc2.com/tb.php/175-19bb226c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from パタパタ日記

Home > スポンサー広告 > 左シリンダーヘッドを交換する。

Home > BMW R80G/S エンジン > 左シリンダーヘッドを交換する。

左シリンダーヘッドを交換する。

前に書いたが、ナイスな部品が広島から来た。
当然、使うには、分解して、チェック、掃除が必要だ。
IMG_2604.jpg
IMG_2611.jpg
それなりにカーボンが溜まっています。

幸い?、先週、ヨメは出張で留守だったので、気兼ねなくやらせていただきました。

IMG_2858.jpg
とろ火にかける。 料理をしているわけではないですよん ♪。
IMG_2860.jpg
‘メタルクリーン’という洗浄液につけ,70~80度Cで4時間程煮込む。
そして、ワイヤブラシや、各種ヤスリをつかいカーボンを落とす。
IMG_2868.jpg
これは、インテークポート。
入り口に段差がありますね。
IMG_2870.jpg
ザッと落とす。まぁ効果は、気休め程度でしょうが。
IMG_2879.jpg
バルブシートはこんなかんじ。
当たり幅はIN1.3mm,EX1.9mmぐらいで 一応規定値には収まっている。
ただ、EX側にはカーボンの咬み込み跡がある。
EXバルブの硬いカーボンも落としきれてもないし、崎山さんにお伺いをたてることに。
IMG_2897.jpg
旋盤を借り、やすりを当て、カーボンをおとす。
IMG_2908.jpg
まぁ、こんなものかしら。
崎山さんは、下手に研磨はしない方がイイと言う。

そして、ヘッドを見てもらうと
‘あ~、バルブ、ベタ当たりだねぇ。 へぇ、これでシート幅規定値なの?’
で、すりあわせぐらいはした方がいいか?と聞くと、
‘関係ないよ、こんな耕耘機みたいなエンジン、このまま組めば。’ との事。
バルブガイドは少し、ガタがあるなぁとの感想だったが、とりあえずはいけるだろう とのご意見ざんした。

そして、ヨメがブリュッセルから帰って来る日曜日の朝、左のヘッドだけ交換する。
IMG_2914.jpg
シリンダーヘッドを外すと、、
IMG_2915.jpg
当然、こんなもんですわな。
IMG_2916.jpg
わりと、ラクにカーボンがとれる。
IMG_2919.jpg
まぁ、こんなものかしら。
ガスケットを新品に換え、シリンダヘッドを載せ、バルブクリアランスを広めにとる。
IMG_2920.jpg
13:30ぐらいに組みあがる。しかし、見た目、あんまりかわらんな。 ヨメは、成田15時着だ。

外したオリジナルのヘッド。
IMG_2922.jpg
IMG_2925.jpg
前回、ばらしてから、4年,2.7万㎞。 当時もバルブガイドにガタはあったが、チェックするとEX側がガッタガタだった。やっぱ熱の関係かしら?
スポンサーサイト

Comments:14

まめしば URL 2012-07-12 (木) 20:05

大した距離を走っていない割には燃焼室がオイルっぽいんですね・・・
ガイドを作り直すとともに、ステムシールが入るようにして、それから、ステムエンドをチョイとカットしてドゥカティパンタ系のオープンシムを乗せるといいです。
それで、ステムにかかる側圧をだいぶ減らせます・・・
実は、私がグッツィでやった手法・・・効果テキメンです。

ひら URL 2012-07-12 (木) 21:31

かさぶたをはがす気分。カーボン掃除の「絵」はなぜか好きでございます。

ををつか URL 2012-07-12 (木) 21:57

「こんな耕耘機みたいなエンジン」至言ですね。
私は「農発(農業用発動機)レベルのエンジンだな」と先輩から言われました。

バルブステムには色々な意見が有るようですね,SR500のステムがそのまま使えてステムシールも有効とか,砲金のステムガイドを作ってもらうとか,設計的に見てオイルが入って丁度良い設計だから変にいぢるな,とか。

RTパパ('88R100RT) URL 2012-07-12 (木) 22:25

私のRTはメーターを信じるなら32,000km程度でピストンはこの倍以上のカーボンが、まるでハイコンプピストンのトップ部分が溶解したような状態でした。リングの合い口は限界一杯だったし。この時でオイル消費は400CC/1,000KM位。
OH時にステムシールを付けてからは2,000km走行でレベルゲージ上で1mm程度しか減らなくなりました。
それにしてもオイル焼け、すごいですね。

パタパタ URL 2012-07-13 (金) 00:49

まめしばさん:
どうもっす。雑なメンテをしやがってと怒らないでね♪
直押し式のDOHCならともかく、ロッカーアームがバルブを押してるんでステムの側圧はキツイですよね。
それで、潤滑を重視して、BMWはステムシールをあえてつけてないんじゃないかと思うんですよ。でもステムシールを追加している人もけっこういて、それによってステムが囓ったというハナシも聞きません。
悩ましいところです。

‘ドゥカティパンタ系のオープンシムを乗せる’というのは、ちょっとよくわからないので、今度詳しく教えてください。

パタパタ URL 2012-07-13 (金) 01:05

ひらさん:
確かに‘充実感’というか、イイコトをしてるという気分になりますね。

ををつかさん:
とりあえずのごまかし修理ですが、バルブガイドの入れ替えはしなきゃだめですわ。そうはいっても、まだ引っ張ると思いますが。

RTパパさん:
32000km時にOHですか。その時は純正のガイドを入れ替え、ちょっと加工してSRのシールをIN側だけ付けたんでしたっけ?

オイル焼け、こんなヒドイの見たことないです。以前の使い方が思いやられますわ。

RTパパ('88R100RT) URL 2012-07-13 (金) 10:18

OH時にやったのはヘッド1mm面研、IN側ステムシール取付け、
ピストンリング交換です。

随分前の話になりますが嫁の乗っていた軽四、2,000km/年しか乗らないので車検ごとにOILとエレメントを交換というものぐさを決め込んでいました。5年くらい経ってオイルキャップから中をのぞくとOIL焼けでまっかっかでした。以降半年に一度OIL交換をするようにしたら綺麗になりましたとさ。

パタパタ URL 2012-07-13 (金) 10:45

RTパパさん:
それじゃあ、ピストントップがカーボンだらけだったのは、オイル上がりが原因だったのですか?
そのとき、ガイドのガタは、それほどでもなかったのでしょうか?

RTパパ('88R100RT) URL 2012-07-13 (金) 22:05

ピストントップや傘のカーボンはここの画像のようにオイリーではなく溶岩のような乾いた物でした。
ガイドのガタは多少はある程度(良く判らない)酷くは無い位だと思います。
過去に見たオイル上がりのシリンダはストローク範囲もオイル焼けで茶色くなっていましたが私のは綺麗でしたしガイド内もオイル焼けの状態は無かった。
ガイドとリングの状態からいくと上りの方がメインだろうか。
前オーナーが使用していたoilとかキャブセッティング等の問題でもあったのか?

RTパパ('88R100RT) URL 2012-07-13 (金) 22:16

PS:明日は新潟でお泊り、関東組4名と地元1名+私で翌日は喜多方ラーメンを食べにひとっ走りして現地解散・・・いまドシャ降りです。(;・;)

パタパタ URL 2012-07-14 (土) 00:47

RTパパさん:
雨中、ごくろうさんです。
無事の帰還を祈っております。

RTパパ('88R100RT) URL 2012-07-17 (火) 10:33

とてもベリースペシャルな2日間でした。
チョット長いですが帰還後に友人たちへ贈ったメールのコピーです。

 お蔭様で2日間楽しい時間を過ごす事が出来ました。
喜多方ラーメンもとてもうまかったッス!

皆様は雨に合わずに無事帰宅できましたでしょうか?
わたしは「4時過ぎに無事帰宅」と報告予定でしたが・・・

北陸高速道上越IC手前(新潟ー金沢の中間位)を走行中何かシンナーのような匂いが・・・一瞬後ガソリンの匂いに変わりました。
周りを見回しても建物も無ければ車も居ません。
自分のバイク?と思いながらタンク周りを見るとなんと右キャブからシャワーのように・・・

「北陸道でバイク炎上」の新聞記事が頭を過ぎります。
燃えるバイクを呆然と見つめる俺・・・いや、ブーツがガソリン塗れだから俺も炎上?
思わずもれている所を手で押えてあわてて路側帯に停止、コックを閉めます。(最初からコックを閉めれば良いのにね。次回?からはそうします。)

キャブの燃料供給口のメクラ蓋がありません。
ここはJAFのお世話になるしかないと思い連絡します。
「栓を出来るようにφ10~12位のゴム栓が欲しい」との要求を伝えますが「そんなものは・・・」ですよね。

JAF到着まで40分位掛るとの事でどこかにぶっ飛んだ栓が落ちていないか?代用できそうな物は無いか?と周囲をウロウロ。
微妙にテーパーの付いた桜の木の枝発見!
ほど良い長さにカットして到着を待ちます。
1kmほど先にPAがあるとの事でとりあえずそちらへ移動して作業を進めますがやはり木の枝、じわじわと漏れて来ます。
いろいろ思案した結果、ゴムチューブの切れ端から丸いシートを切り出して奥に挿入。何とか漏れは収まりました。
救援に来てくれたJAFの人もバイク乗りでアフリカツインとカジバエレファンとに乗っているそうです。
CRが付いたBMWは珍しいようで話し込んでしまいました。
良い人が着てくれてほんとに良かったです。
感謝、感謝の1日でした。

 お盆に墓参りも行かずに遊んでいたから親父が怒ったのかな?と思いながら7時には無事帰宅。
よく16日は1日遅れながらしっかりと墓参りをしてきましたとさ。

パタパタ URL 2012-07-17 (火) 17:20

RTパパさん:
ありゃま、たいへんでしたね。
なんで、ふた、とれちゃったんでしょう?
圧のかかるところでもないし。
でも、ご無事でなによりでした。
私も蓋チェックします。

RTパパ('88R100RT) URL 2012-07-17 (火) 21:55

パタパタさんのはダイジョーブだと思います。
私のは4連バラシの内側2個なので燃料パイプ
で左右が繋がっています。
使わない側にスペシャルワンオフパーツで(2個作ったからツーオフ?)栓をしてあったのが1個振動でぶっ飛んだようです。
二日間で約1,000km ほとんどが高速でチョッと飛ばしすぎたかな?と反省。
あ、↑コメント欄に長々と申し訳ない。m(__)m

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://patapata2cv.blog118.fc2.com/tb.php/175-19bb226c
Listed below are links to weblogs that reference
左シリンダーヘッドを交換する。 from パタパタ日記

Home > BMW R80G/S エンジン > 左シリンダーヘッドを交換する。

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。