FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > タイヤのはなし その3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

ををつか URL 2012-05-17 (木) 21:33

私も後輪のホイルが欲しいです。

最近では普通に走る時,後輪ブレーキは
踏みません,止まってる時に使うだけ。
だって,ドラムが限界越えて減ってるんだもん。
ホイルごとだから高価なんですよね。
ディスク化改造もモノサスだと難しいし。

パタパタ URL 2012-05-17 (木) 22:56

え~。モノレバーのキャストホイールだと、中古で程度のいいのが(減ってないのが)あるんじゃないですか?
そういえば、GWにあさみに行きました。
刺身盛り合わせとアジフライを頼みました。
刺身は普通にうまかったですが、アジフライは‘スペシャル’にうまいと思いました。

ふぃね(GS) URL 2012-05-18 (金) 06:13

TWは私のGSに標準装備タイヤ。今サハラ3を履いてますが、これは100GSの標準だと思いますが、値段入手が容易をアタマに入れてこのサハラをTWと比べてみるとTWでもイイかなと思ったりします。

先日、TKC80(流石にTWとオフが違う)を見つけましたが、前後揃わず断念。高いのなら某所であるみたいだけど・・そこまで。

TW200をパンクさせたことがありますが、自力で直したけど出先ではまず困難。ボンベ数本でビート上がるなら
別だけど・・ビートが上がらない。

クロススポーク(TL)のアルミリムは超分厚い気がするので自分で剥がす・・事すら無理な気がします。手漕ぎポンプでビート上がらない(汗。ボンベであがる?。

私も前後ホイールが欲しい(夢)。


パタパタ URL 2012-05-18 (金) 07:24

Bridgestoneのホームページを見ると、TW-47,48というのがあるのですね。チューブレスだと、パンク修理が楽でいいですね。

ふぃね(GS) URL 2012-05-18 (金) 10:56

納車の時、タイヤがBSだったんで結構驚いたです。

TLなんで、オフの減圧は相当気を遣います。途中で耳を落としたら・・生還不能です。減圧効果テキメン
なんですが。

予備チューブ持っていて、外タイヤが裂けてなくてケータイでJAFが呼べる場合、チューブ交換してくれ
る・・筈は無いか(汗。JAFが使える場所でGSはパンクしないもんね。



RTパパ('88R100RT) URL 2012-05-22 (火) 22:16

OFF車で最初にチューブレスを採用したのはトライアル車です。採用理由はビートストッパーが無くても低圧使用時のリムズレが起きづらく当然ながらチューブを引きちぎる事もありません。(チューブがないから当然ですが)低圧使用時のリム打ちによるパンクやビート外れが起きないから・・・
100GSのチューブレスタイヤは手動ポンプや小さなボンベでは瞬間的な流量不足でまず上がらないと思いますが逆にリム打ちによるパンクはタイヤサイドを貫通するような強烈な衝撃で無いと起きないという事です。
G/Sはチューブタイプだとするとビートストッパーがないので低圧にした時ぬかるみなどでホイルスピンから急激にグリップするとリムズレを起こしてバルブをちぎったりする可能性があります。
250の場合(腕のない私の場合ですが)F1.0~1.2R0.8~1.0あたりの使用でビートストッパーが無いとバルブ部分が傾いてきます。リム打ちは走る場所にもよりますが余程鋭角な岩にそれなりの速度で突っ込まない限り大丈夫です。
ちなみにコレまで林道でパンクした事はありません。
GSの標準エア圧が判りませんが車重を考えると1.2~1.5位が無難かも知れませんね。 

親方 URL 2012-05-23 (水) 08:29

以前、100GSのエア圧どれくらいと?ファラオラリーの勇者に質問したら『2.5k・前後とも』と即答して戴きました。
パリダカの鉄人の御話では、『なまじエア圧下げるからパンクする』と聞きkした記憶が有ります。
(私の記憶が正しければ)
ブロックタイヤ付きのスペアホイールありますけど
100GS用じゃ使えないですよね。

パタパタ URL 2012-05-24 (木) 09:26

G/Sのアクロンのリムにはビードストッパーはついていません。ただ、周方向とは直角に、リブがあり、気休め程度にはチューブをずれにくくしているようです。
しかし、タイヤのズレには関係してませんね。
G/SはF2.2,R2.5が規定の圧です。
先日、(2V会議の時)FR共に1.7まで落としましたが、これぐらいでもだいぶ安心感が違いました。
Rはエクセルに対応サイズがあるので、それにビードストッパーをつけるのが、‘本気’でやるにはいいかも。

親方さん: ああいうヒト達は、一般人とスピードレンジがまるっきり違うので参考にはなりません。
あぁ、3穴のホイールが欲しい!

sina URL 2012-05-24 (木) 14:54

私はシラク履いてますが、サイズが合えばロードタイヤでも全然OK、ダートもちゃんと走れますよん❤

「なんかハンドルが重いなァ」と思いながら、しばらく乗っていましたが、エアが1kg切ってました.....

サスも「最近なんか固いなァ」って思ったら、抜けてました.........

要はなんでもいいんです、走れば♪

パタパタ URL 2012-05-25 (金) 01:19

センセはなんでもいいんです!
そんなことより、ヒルクライムも練習をしてくださいね。

RTパパ('88R100RT) URL 2012-05-29 (火) 22:35

その指定圧はロードモデルと同一ですね。
XLR250Rは(タブンXL250Sも)前後1.5Kg/Cm2です。
250~400クラスのロードモデルは2.0あたりが多いですから1.7は妥当な所のように思えますね。
アウトバーンを走るための空気圧?

パタパタ URL 2012-05-30 (水) 21:35

RTパパさん:
舗装路では、規定値ぐらい、少なくても、フロントは2.0は入れないと、重い感じがします。
XL250Sは前後1.5Kg/Cm2ですが、1.7Kgぐらい入れてます。入れすぎかなぁ。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://patapata2cv.blog118.fc2.com/tb.php/167-ae5f96ac
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from パタパタ日記

Home > スポンサー広告 > タイヤのはなし その3

Home > BMW R80G/S 車体周り(フレーム、サスペンション) > タイヤのはなし その3

タイヤのはなし その3

調べてみたが、今(フレッシュな)、4.00-18の on/offタイヤの国内在庫はないようだ。
それで、やむなくブリジストンのTW-302を買ってみた。
サイズは4.60-18 外径658mm。 ちょっと小さい。
IMG_1729.jpg
自転車(ランドナー)のタイヤはミシュラン 650-42B。
ダートも走れる旅行用の二輪車という事では、R80G/Sと同じ用途。どちらも1981年製。
しかし、並べると太さが違うなぁ。42Bといっても、実寸は幅37.5mm。 これでも、マウンテンバイクが出現する以前は 最もFatな自転車用のタイヤだったんですよ。(除くビーチクルーザー)

IMG_1725.jpg
すり減ったENDURO 2と較べて、これぐらい外径が違う。

そして、タイヤを2cvに積み、ご近所の、あやしいガレージに、、
IMG_1737.jpg
IMG_1736.jpg
信じがたいでしょうが、ここは、建築設計事務所らしいです。
バイク屋ではない! とK内氏は主張してますが。

      *     *     *     *     * 

いままで、バイクのタイヤ交換は、お店まかせだった。
しかし、携帯の通じない林道でパンクしてもJAFは呼べない。
今まで、ダートでもリム打ちパンクを恐れて、エア圧を下げられなかった。
自転車だったら、ダートに入る前にエアを抜くのにね。
というわけで、自分でパンク修理ができるように練習がしたかったのだ。
それで、経験豊富な‘武闘派’ラリーストのK内氏にタイヤ交換を指導、監修してもらった。
なんとか、チューブに穴を開けずに出来たが、こりゃ、たいへんだ。
ゼッタイに雨の林道ではやりたくないなぁ。
まぁ、慣れてコツをつかめば違うんだろうが。

で、乗ってみた。
IMG_1782.jpg
今使っている、WPのリアショックは、361mm~371mmまで自由長が調整できる。(純正は360mm)
今まで通り、361mmで乗ってみると、どうも後ろが低い。 安定はしているが曲がらないように感じる。
364mmにしてみると、今度は逆に高すぎて落ち着きにかけるように思う。
そこで、imm縮めて363mmにしてみる。
こんなもんかしら思いました。
けっこう微妙に違うもんです。
姿勢を合わせるだけなら、プリロードでも出来るけど、‘パツパツ’なカンジになります。
リバウンドストロークは重要。

また、テールリフトも増えるかしらん と思ったが、それは感じない。
ドライブシャフトに負担が増えるので、あまりサスは伸ばしたくない。けど、これぐらいなら問題ないかも。

TW-302は、ブロックパターンとしては、穏やかな部類なので、ターマックでも癖はなくフツーに乗れる。
しばらくは、これで行ってみるつもり。

オマケ画像?
IMG_1738.jpg
現在のリアハブの状態。かなり ブレーキドラムが減っている。
あぁ、新品のハブが欲しいズラ!
スポンサーサイト

Comments:12

ををつか URL 2012-05-17 (木) 21:33

私も後輪のホイルが欲しいです。

最近では普通に走る時,後輪ブレーキは
踏みません,止まってる時に使うだけ。
だって,ドラムが限界越えて減ってるんだもん。
ホイルごとだから高価なんですよね。
ディスク化改造もモノサスだと難しいし。

パタパタ URL 2012-05-17 (木) 22:56

え~。モノレバーのキャストホイールだと、中古で程度のいいのが(減ってないのが)あるんじゃないですか?
そういえば、GWにあさみに行きました。
刺身盛り合わせとアジフライを頼みました。
刺身は普通にうまかったですが、アジフライは‘スペシャル’にうまいと思いました。

ふぃね(GS) URL 2012-05-18 (金) 06:13

TWは私のGSに標準装備タイヤ。今サハラ3を履いてますが、これは100GSの標準だと思いますが、値段入手が容易をアタマに入れてこのサハラをTWと比べてみるとTWでもイイかなと思ったりします。

先日、TKC80(流石にTWとオフが違う)を見つけましたが、前後揃わず断念。高いのなら某所であるみたいだけど・・そこまで。

TW200をパンクさせたことがありますが、自力で直したけど出先ではまず困難。ボンベ数本でビート上がるなら
別だけど・・ビートが上がらない。

クロススポーク(TL)のアルミリムは超分厚い気がするので自分で剥がす・・事すら無理な気がします。手漕ぎポンプでビート上がらない(汗。ボンベであがる?。

私も前後ホイールが欲しい(夢)。


パタパタ URL 2012-05-18 (金) 07:24

Bridgestoneのホームページを見ると、TW-47,48というのがあるのですね。チューブレスだと、パンク修理が楽でいいですね。

ふぃね(GS) URL 2012-05-18 (金) 10:56

納車の時、タイヤがBSだったんで結構驚いたです。

TLなんで、オフの減圧は相当気を遣います。途中で耳を落としたら・・生還不能です。減圧効果テキメン
なんですが。

予備チューブ持っていて、外タイヤが裂けてなくてケータイでJAFが呼べる場合、チューブ交換してくれ
る・・筈は無いか(汗。JAFが使える場所でGSはパンクしないもんね。



RTパパ('88R100RT) URL 2012-05-22 (火) 22:16

OFF車で最初にチューブレスを採用したのはトライアル車です。採用理由はビートストッパーが無くても低圧使用時のリムズレが起きづらく当然ながらチューブを引きちぎる事もありません。(チューブがないから当然ですが)低圧使用時のリム打ちによるパンクやビート外れが起きないから・・・
100GSのチューブレスタイヤは手動ポンプや小さなボンベでは瞬間的な流量不足でまず上がらないと思いますが逆にリム打ちによるパンクはタイヤサイドを貫通するような強烈な衝撃で無いと起きないという事です。
G/Sはチューブタイプだとするとビートストッパーがないので低圧にした時ぬかるみなどでホイルスピンから急激にグリップするとリムズレを起こしてバルブをちぎったりする可能性があります。
250の場合(腕のない私の場合ですが)F1.0~1.2R0.8~1.0あたりの使用でビートストッパーが無いとバルブ部分が傾いてきます。リム打ちは走る場所にもよりますが余程鋭角な岩にそれなりの速度で突っ込まない限り大丈夫です。
ちなみにコレまで林道でパンクした事はありません。
GSの標準エア圧が判りませんが車重を考えると1.2~1.5位が無難かも知れませんね。 

親方 URL 2012-05-23 (水) 08:29

以前、100GSのエア圧どれくらいと?ファラオラリーの勇者に質問したら『2.5k・前後とも』と即答して戴きました。
パリダカの鉄人の御話では、『なまじエア圧下げるからパンクする』と聞きkした記憶が有ります。
(私の記憶が正しければ)
ブロックタイヤ付きのスペアホイールありますけど
100GS用じゃ使えないですよね。

パタパタ URL 2012-05-24 (木) 09:26

G/Sのアクロンのリムにはビードストッパーはついていません。ただ、周方向とは直角に、リブがあり、気休め程度にはチューブをずれにくくしているようです。
しかし、タイヤのズレには関係してませんね。
G/SはF2.2,R2.5が規定の圧です。
先日、(2V会議の時)FR共に1.7まで落としましたが、これぐらいでもだいぶ安心感が違いました。
Rはエクセルに対応サイズがあるので、それにビードストッパーをつけるのが、‘本気’でやるにはいいかも。

親方さん: ああいうヒト達は、一般人とスピードレンジがまるっきり違うので参考にはなりません。
あぁ、3穴のホイールが欲しい!

sina URL 2012-05-24 (木) 14:54

私はシラク履いてますが、サイズが合えばロードタイヤでも全然OK、ダートもちゃんと走れますよん❤

「なんかハンドルが重いなァ」と思いながら、しばらく乗っていましたが、エアが1kg切ってました.....

サスも「最近なんか固いなァ」って思ったら、抜けてました.........

要はなんでもいいんです、走れば♪

パタパタ URL 2012-05-25 (金) 01:19

センセはなんでもいいんです!
そんなことより、ヒルクライムも練習をしてくださいね。

RTパパ('88R100RT) URL 2012-05-29 (火) 22:35

その指定圧はロードモデルと同一ですね。
XLR250Rは(タブンXL250Sも)前後1.5Kg/Cm2です。
250~400クラスのロードモデルは2.0あたりが多いですから1.7は妥当な所のように思えますね。
アウトバーンを走るための空気圧?

パタパタ URL 2012-05-30 (水) 21:35

RTパパさん:
舗装路では、規定値ぐらい、少なくても、フロントは2.0は入れないと、重い感じがします。
XL250Sは前後1.5Kg/Cm2ですが、1.7Kgぐらい入れてます。入れすぎかなぁ。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://patapata2cv.blog118.fc2.com/tb.php/167-ae5f96ac
Listed below are links to weblogs that reference
タイヤのはなし その3 from パタパタ日記

Home > BMW R80G/S 車体周り(フレーム、サスペンション) > タイヤのはなし その3

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。