FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > トラブルシューティング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

RTパパ('88R100RT) URL 2011-09-29 (木) 08:31

パタパタ号は純正と同じ1コイルでしたね。
そうなると片方のプラグキャップを外してもう片方に火が飛ぶことが私の頭では理解不能です。
とりあえずコイルに問題はなさそうなので・・・
圧縮も測れたという事は特別突き上げるほど狂ってはいない。
キャブの付け外しは最近されましたか?
もしかしたらブローバイからのオイルがMAJをふさいでいるかもしれません。 まさかジェット類が緩んできているとかは無いと思いますが・・・

ピンキー URL 2011-09-29 (木) 08:41

片側のプラグキャップを外したら、電気回路としては成り立たなくなりますが、点火プラグに掛かる電圧はパルス。
直流ではないのですね。
コイルの二次側には沢山の線が巻いてあり、この線間に静電容量(コンデンサー)が出来ます。
このコンデンサーを通して放電をします。
正常時よりも弱い火花ですが着火するには十分です。
只この方法、二次コイル間で電流を流しますので、コイルを痛めます。
誉められない方法です。
正しくは外したプラグキャップにプラグをつけ、ヘッドに落とすとコイルを痛めません。

アンフォト 山家 URL 2011-09-30 (金) 07:03

メカに詳しくないから、よくわかりませんが、どこかから二次エアを吸ってませんかね?
キャブの詰まりやダイヤフラム、スロットルワイヤー、燃料フィルターなんかは、正常でしょうか?

早く治るといいですね。

パタパタ URL 2011-09-30 (金) 19:55

RTパパさん:
だしょう? SJが外れてないかと思いました。

ピンキーさん:
なるほど! そうか! コイルを痛めるのはわかっていたので、短時間にとどめてチェックしました。

山家さん:
二次エアではないんですよ。
お気遣いありがとうございます。
なんとか、解決した?と思います。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://patapata2cv.blog118.fc2.com/tb.php/140-bf09bc74
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from パタパタ日記

Home > スポンサー広告 > トラブルシューティング

Home > BMW R80G/S デンキ > トラブルシューティング

トラブルシューティング

先日、R80G/Sで、70分強、5速 4800rpm弱で走って調子を崩した。
具体的には、以前の開度だとアイドリングしない。開け始めがバラツクというかんじ。
こりゃあ、左のシリンダーヘッドが問題かしらと思いました。
で、コンプレッションゲージを使わせてもらおうと鈴木電機に電話すると、
「はぁ、プラグコードを片側抜いたらエンストするのが正常だろ! そりゃコイルがダメなんだろ。アホか!」
と親切に教えて頂きました。
確かにその通りです。
それで、手持ちの中古の同じコイルを二つテストしてみました。
結果は同じで、片側のプラグを抜いても、弱くはなるがスパークします。
ん? どういうことかしら???

鈴木電機に伺い、コンプレッションゲージを借り、測定してみました。
結果は右10kg、左9.5kgぐらい。

う~ん、よくわからん。極端にヒドイ数値ではないわな。

基本にもどり、明日、点火時期とバルブクリアランスをチェックします。

スポンサーサイト

Comments:4

RTパパ('88R100RT) URL 2011-09-29 (木) 08:31

パタパタ号は純正と同じ1コイルでしたね。
そうなると片方のプラグキャップを外してもう片方に火が飛ぶことが私の頭では理解不能です。
とりあえずコイルに問題はなさそうなので・・・
圧縮も測れたという事は特別突き上げるほど狂ってはいない。
キャブの付け外しは最近されましたか?
もしかしたらブローバイからのオイルがMAJをふさいでいるかもしれません。 まさかジェット類が緩んできているとかは無いと思いますが・・・

ピンキー URL 2011-09-29 (木) 08:41

片側のプラグキャップを外したら、電気回路としては成り立たなくなりますが、点火プラグに掛かる電圧はパルス。
直流ではないのですね。
コイルの二次側には沢山の線が巻いてあり、この線間に静電容量(コンデンサー)が出来ます。
このコンデンサーを通して放電をします。
正常時よりも弱い火花ですが着火するには十分です。
只この方法、二次コイル間で電流を流しますので、コイルを痛めます。
誉められない方法です。
正しくは外したプラグキャップにプラグをつけ、ヘッドに落とすとコイルを痛めません。

アンフォト 山家 URL 2011-09-30 (金) 07:03

メカに詳しくないから、よくわかりませんが、どこかから二次エアを吸ってませんかね?
キャブの詰まりやダイヤフラム、スロットルワイヤー、燃料フィルターなんかは、正常でしょうか?

早く治るといいですね。

パタパタ URL 2011-09-30 (金) 19:55

RTパパさん:
だしょう? SJが外れてないかと思いました。

ピンキーさん:
なるほど! そうか! コイルを痛めるのはわかっていたので、短時間にとどめてチェックしました。

山家さん:
二次エアではないんですよ。
お気遣いありがとうございます。
なんとか、解決した?と思います。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://patapata2cv.blog118.fc2.com/tb.php/140-bf09bc74
Listed below are links to weblogs that reference
トラブルシューティング from パタパタ日記

Home > BMW R80G/S デンキ > トラブルシューティング

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。