FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > 工具屋からのメール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

ををつか URL 2011-09-04 (日) 17:41

工具はね、その道に迷い込むと抜け出る事が出来なくなりますからね、出来るだけ「道具」として接するようにしています。
良い工具は握っただけで、「あっ、これは良い」手放したくない、って感じさせる力がありますからね、スタビレーなんてその辺を狙って表面処理をしてるんじゃないか、と思うくらい。
玩物喪志って言葉が一番当てはまるのが文房具じゃなくて整備工具だと思っています。

パタパタ URL 2011-09-04 (日) 20:48

出来るだけ、なるべく「道具」として接するようにはしているんですが、、。手段と目的がひっくり返る事が皆無とはいえんです。
反省したほうがいいんでしょうね。

アライ URL 2011-09-08 (木) 21:42

そもそもまともな工具って中学時代は持ってなかったなあ。
父親の車や兄貴のバイクのおまけの工具を使ってたな。
そんなとき(つまり中学時代)、大阪の自転車店の通信販売でMAFACの工具を600円くらいでかったけど、これがまた安っぽくて。
先回の関戸橋で100円で売っちゃたけど、ブレーキレバーを固定するボックスレンチだけはいまだに持っている。
そう、いまだにまともな工具、使っていないってことか。

パタパタ URL 2011-09-09 (金) 18:30

まぁ、それは、そこがアライらしいということで。(笑)
しかし、MAFACの工具セット、100円だったら俺が買えばよかったな。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://patapata2cv.blog118.fc2.com/tb.php/138-78f84b24
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from パタパタ日記

Home > スポンサー広告 > 工具屋からのメール

Home > 工具について > 工具屋からのメール

工具屋からのメール

最近の自転車は六角ボルトが減り、アーレンキーを使うネジが多い。
しかし、1970年代ぐらいまでのムカシの自転車は、頭の薄い六角ネジが多用されていた。

IMG_8821.jpg
MAFAC RACER:70年代の仏製ブレーキ

昔々、オジサンが中学生の頃、使っていた工具は、家にあったクルマの車載工具や、安物のモンキーレンチだった。
堅く、締まったネジを緩めようとして頭を滑らせ、悲しい思いをしたものです。

IMG_9069.jpg
こんなのを使ってました。 奥のは多分、谷津坂の金物屋で買ったKTCのスパナ。
その頃は、とても高級品に感じたなぁ。 250円だったような気がする。
まぁ、当時いじっていたのは、主に拾ってきたり、木下サイクルでもらったりしたボロい部品だったので ネジをナメてもたいしたことなかったけど。 それでも凹んだものです。

少年の日、錆びて痩せたネジをねじ切った時のいやな感触とかは、今も体に残っていて、俺の機械いじりの基本になっている。
    
         *     *     *     *     * 

それから随分と時が過ぎ、今では輸入工具屋からメールが来るようになってしまった。
その店は普段から、ドイツ系の工具が安いのだが、円高セールで、海外指定メーカー30%オフらしい!
大丈夫か? ちょっと心配だが楽天ショップなんで、引き落としだけあって物がこないという事はないだろう!?

そこで、特に関戸橋系自転車マニアにお勧めなのが、HAZETの610Nシリーズのフラットショートメガネレンチだ。

IMG_9071.jpg
8-9mm,10-11mm,12-13mmの三本。
普通のメガネやコンビネーションレンチは、広い平面にあるボルトにアクセスするためにオフセットがある。
IMG_9075.jpg
でも、↑のような時は困るけど、自転車やバイクの場合、けっこうフラットでいけます。
当然、フラットの方が力の掛かり方に無理がない。薄いボルトでもナメにくいです。
また、610NはKTC等に比較して、ざぐりも少ない。
非対称の不思議なカタチだが、エンジンルームなど、狭いところでレンチの振り幅がとれない時、裏表で使うとありがたさがわかる。 使えないミラーネプロスのストレートショートメガネはヤフオクで処分しますたIMG_8815.jpg
しかし、これじゃまるでn-tradingのまわしものだな。
n-tradingの人、なにか下さい!

中学生の頃、まともな道具も知識もなく、ずいぶんといじり壊した。
でも、それはそれでよかったと思う。
スポンサーサイト

Comments:4

ををつか URL 2011-09-04 (日) 17:41

工具はね、その道に迷い込むと抜け出る事が出来なくなりますからね、出来るだけ「道具」として接するようにしています。
良い工具は握っただけで、「あっ、これは良い」手放したくない、って感じさせる力がありますからね、スタビレーなんてその辺を狙って表面処理をしてるんじゃないか、と思うくらい。
玩物喪志って言葉が一番当てはまるのが文房具じゃなくて整備工具だと思っています。

パタパタ URL 2011-09-04 (日) 20:48

出来るだけ、なるべく「道具」として接するようにはしているんですが、、。手段と目的がひっくり返る事が皆無とはいえんです。
反省したほうがいいんでしょうね。

アライ URL 2011-09-08 (木) 21:42

そもそもまともな工具って中学時代は持ってなかったなあ。
父親の車や兄貴のバイクのおまけの工具を使ってたな。
そんなとき(つまり中学時代)、大阪の自転車店の通信販売でMAFACの工具を600円くらいでかったけど、これがまた安っぽくて。
先回の関戸橋で100円で売っちゃたけど、ブレーキレバーを固定するボックスレンチだけはいまだに持っている。
そう、いまだにまともな工具、使っていないってことか。

パタパタ URL 2011-09-09 (金) 18:30

まぁ、それは、そこがアライらしいということで。(笑)
しかし、MAFACの工具セット、100円だったら俺が買えばよかったな。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://patapata2cv.blog118.fc2.com/tb.php/138-78f84b24
Listed below are links to weblogs that reference
工具屋からのメール from パタパタ日記

Home > 工具について > 工具屋からのメール

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。