Home > 2016年03月

2016年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

形あるもの必ず壊れる 〈クラッチ レリーズアームの損傷!〉

再開すると書いたよなー。 すみません、すみません。ゆるしてください。

というわけで、なにからいくかな。 まあ、ほとんどの読者の方の興味はバイク、それも古いBMWカンケイだろうからなあ。

じゃあ、先ずは、去年の5月のこと。 Facebookにはザックリと書いた内容です。

DSC09424.jpg
‘あれれ!? クラッチが!’

DSC09423.jpg
‘げっ、ワイヤーじゃないんだ!’



「ヨメとタンデムで、豆大福を護国寺の‘群林堂’に買いに行こうとバイクでウチを出てすぐのことです。 目黒通りの交差点でクラッチレバーを握ると、、、。    こりゃ、クラッチケーブルが切れたかしらとチェックすると、切れてません。 ?なんだ?とミッションを見てみると、、、。 アルミのレリーズアームが折れてます!、、、。  JAFに電話をし、目の前あったはらどーなつと五十番で買い食いをしました。 うまかったぜ。」 、、、、


DSC09432.jpg
DSC09445.jpg

外してみる。
IMG_0009.jpg
きちゃない!

IMG_0015.jpg
断面を見てみると、‘巣’があったよう。

アームの在庫、たぶんあるはずと、実家の物置を探してみると
IMG_0018.jpg
やっぱあった!
ほんとは、ピボットのベアリングは入れ替えた方がいいのだが、
IMG_0019.jpg
ベアリングの程度のいい方のアームを使い、劣化したOリングを除去し洗浄→折れたアームから 比較すると程度の良いOリングを外し移植。新しいグリスを詰めクラッチレリーズアームを装着。

クラッチが軽くなったぜ。 やれやれ

※こんなことあるんかいな?と思いましたが、ヘンタイで有名な H江くんも折れたことがあるらしい。
かといって こんなののスペアを積んどくというのもなんだし、祈るしかないかなあ。
因みにワタシ、緊急用クラッチワイヤーは車載してます。




Home > 2016年03月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。