Home > 2014年07月

2014年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ネジは気持ちよく回したい。

Ko-kenという、ソケットレンチを得意とする工具メーカーがあります。
そこにZ-EALという、近年のスペースの限られたクルマ用に作られたシリーズがある。
ガタの少なさ、コンパクトさを狙ったものです。
それに、1/4sqシリーズが追加されたので、幾つかコマを買ってみました。
1/4のソケットのコマはそこそこ持っています。
それなのに買った理由は長年の懸案事項 ←かなりオオゲサ!が 解決できるかも?と思ったから。

            *     *     *     *     * 


IMG_9394.jpg
‘Campagnolo Record’ 多分1972~3年のモデル 通称 ‘ナメクジ 3点デベソのカンパレコード’ ←しかし、ヒドイいい方だな。
使い始めてから、41年目!になる自転車のフロントディレイラー(変速機)です。
ガタが増え、ギタギタですがまだ使えます。
これをフレームに固定するには下の写真のフィキシング・ボルトを締めるのですが、
IMG_9401.jpg
ボルトの廻りのスペースが限られています。
IMG_9408.jpg
スタビレーの1/4sq 8mmソケット(Φ11.95mm)を当ててみます。
バンド部に干渉して、かかりが浅くキビシイものがあります。

そこで、ワタシはいままでスパナを当てておりました。
IMG_9406.jpg
そんな、しょっちゅういじる箇所でもないし、必要なトルクもたいしたことないから問題はないのですが、、、

因みに、流石カンパの純正工具には素晴らしいものがありました。
<br />T
〈画像お借りしてます〉
横棒は6mmのアーレンキー、8mmボックス部は樽型になっている。
あ~!やっぱカッチョいい! 良く検討されたカタチです。買っとけばよかった。でも、当時高かったんだよな~。

というわけで、Z-EALの8mmソケットを買ってみました。
しかし、かかりは、マシではありますが、やっぱ厳しかったです。
まぁ、その時は旋盤で削ればいいかと思っていたのですが(安い工具だし)、ちいさいものだし、1/4sqだよな。
ハッ!
IMG_9417.jpg
これがZ-EALの8mmソケット、手前はビットレンチに1/4sqソケットを付ける為のアダプタ。
これを使えば、、そんな精度は必要ないし、、、。

              *     *     *     *     * 

DSC06863.jpg

昨日、愛妻が10日間の出張に。  とても寂しいです。

それゆえか?、空港からウチに帰ると、、、
IMG_9377.jpg
居間でギュイ~ンとドリルを回し、油を付けたヤスリを当ててしまうのでした。
ソケットにビットアダプタを付ければ、ハンドドリルに咥えられるのだ。
IMG_9387.jpg
左:加工前、右:加工後
使ってみると
IMG_9413.jpg
バッチリだぜ!
あ~っ すっきりした。
じゃあ、次は
R80G/Sのキャブレターのオーバーホールでもやろうかな、居間で。
ガソリンは臭いんだよなぁ。

Home > 2014年07月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。