Home > 2012年12月

2012年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

CRキャブレターに穴を開けてみる。その4

例によって、ずいぶんとご無沙汰しております。限られたハイセンスな読者の皆様、すまんです。
で、久しぶりの記事が、ヘンタイさん向け。
新しい年を無事に迎えられるのか、ちょっと心配なワタシです。
 
          *     *     *     *     * 
さて、BMW R80G/SにつけたCRキャブレターの話ですね。
以前書いたように カッタウエイ2.5 まめしば特製PEEK樹脂製スロットルバルブに穴を開けてみたのだが、良い点はある、ただしデメリットもあった。
低開度、低負荷時のレスポンスは確かに向上したのだが、その領域のトルク感が減り、振動も増えた。
そこで、ブログでカッタウエイ2.0のドナーを募集して?!みたのだが、、、。

なんか、荷物が送られてきたぞ。
MG_2861.jpg

あけてみると。
IMG_2864.jpg
ありゃま。カッタウエイ2.0の新品のバルブが送られてきた。

モノレバーのR100RTに、4連のCR33をバラシ、シングルボディ×2に組み直して使っている ‘RTパパ’さんが送ってくれたのだ。
氏のキャブは、カッタウエイ3.0がついていて、4連用のボディなのでアイドルポートはない。
自分がノーマルのカッタウエイ2.5 (穴あり)を外したとき、‘RTパパ’さんに使ってみる?と聞いたところ 興味ありとのことだったので、それを金沢に送ったのだった。

そしたら、それが新品のカッタウエイ2.0に化けた!

‘わらしべ長者’ とヨメに罵られました。(つづく)

Home > 2012年12月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。