Home > 2010年11月

2010年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

帰ってきた‘ダナーブラザーズ'

例によって、更新が遅れ申し訳ないっす。
前回の記事が9/28、、。
朝霧ジャムが10/9から11日、、、。

先日、青輪会のOBラン(サイクリング)が群馬の四万温泉集合であったのですが、そこでも数人の読者の方に
「最近、全然更新してないじゃん。」と暖かい?! 励ましのお言葉をいただきました。

というわけで、とりあえず、時計を戻し、朝霧ジャムにおける‘ダナーブラザーズ'の報告を。

IMG_6938.jpg
ヨメの‘Danner Light 'と俺の‘Mountain Light'  帰ってきた翌日。
因みに、後ろ右手に写っている鉢は‘北川レモンⅡ'

今年の‘朝霧'二日目は天候が回復したが、初日はえらい雨ざんした。
その辺、泥沼、水たまりだらけ。
その雨の降りっぷりは、伝説の第一回フジロック(台風直撃、二日目中止、阿鼻叫喚)を経験した知人をして
「いままでで、いちばんヒドイ」と言わしめたぐらい。
絶好のダナー耐候テスト日和でした。
足首まで泥につかるのも、しばしば。

DSCF1268.jpgダナーライト+ゴアテックス スパッツ

DSCF1272.jpg
これは、雨が弱まった二日目の朝。
ウチはゴアのシュラフカバー使用で無事だったが、テント内水没でシュラフぐしょぐしょになった人がたくさんいたようだ。
シュラフが濡れるのはツライものです。昔、浜頓別でエライ目にあったよな、奥野。

さて、そんな状況のなか、ウチのダナーライト、マウンテンライト+ゴアテックススパッツは、完璧に仕事をこなした。
泥まみれになっても、水場でホースでざっと洗えば、テントに入るときも快適。

長靴とちがって、蒸れないし、当然歩きやすい。一足ですむので荷物も減る。

撥水処理をさぼっていた25年物のゴアのカッパは、中が蒸れてびしょびしょになったが、足元は二人とも快適だった。

ゴアテックスブーティの耐久性はわからないけど、現時点ではいい買い物だった気がする。
(日本での価格設定は、高すぎるとは思うが)

さて、ここでダナーライトとマウンテンライトの違いについて。

1) メンズの幅は日本に入っているものはどちらもEEだが、履いてみると様子はかなり違う。
  マウンテンライトの方が広い感じ。

2) ブーツの高さ自体、ライトの方が高いが、タンの部分の構造も大分異なる。
  ‘長靴’的な機能を期待するならライトを薦める。↓の画像を参考に。

IMG_7682.jpg
IMG_7681.jpg
こちら マウンテンライト 同じアングル↓
IMG_7685.jpg
IMG_7684.jpg
バイクで雨の日に使う場合。
カッパの裾の長さが充分で裾を靴に固定できるならば、ダナーライトならスパッツなしでもイケルと思う。
だが、マウンテンライトの場合は、スパッツでカバーしないと厳しいだろう。

DSCF1257_1.jpg
9日朝、富士宮ガストにて。雨宿り。
ほんとバカ。

Home > 2010年11月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。