Home > 2009年09月

2009年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

那須に行ってきた 'ナンギなG/Sは電気アルパカの夢を見るか?'

九月一九日~二一日
シルバーウイーク。
前から一度、那須のアルパカ牧場に行きたいね。と話してた。
でも、高速はタイヘンな事になるのは明白だ。
2cvで渋滞にはまるのはゴメンである。宿も今からじゃなんだし、、。
で、ヨメに訊いてみる。「バイクで、キャンプでもいい?」
なんと、フジロックがああだったのに許可がでた。
休暇村 那須に問い合わせたところキャンプサイトの空きもあった。
渋滞予想を見て、一九日の夜出発、二一日の夜帰京で行くことに。DSCF4672_1.jpg
BMW R80G/S に荷物を付け 17時過ぎに洗足を出発。
幸い、東北道に入ると流れていたが、120㎞ぐらいで走っているとけっこう寒い。
那須のインターを降り、一軒茶屋のコンビニで買い出しをしたときは体は完全に冷え切っていた。
そこでオーバーパンツ等防寒具を全部着る。
十時ぐらいに標高1200メートルのキャンプ場に着く。風が強い。
とにかく、テントを張り、寝床を確保する。
すごくさむい。 とても、さむい。
とにかく、暖かいものが食べたい。震えながら、ガスストーブを出した時に「ハッと!」する。
ヨメも同時に気がついたらしい。流石なかよしだ。
コッヘルを忘れたのである。ヨメから鋭いパンチをもらったのは言うまでもない。
よろよろと、炊事場にいくと幸いな事に他のキャンパーの使っていた炊事道具が置いてあった!IMG_0416.jpg
やかんを拝借しお湯を沸かす。カップらーめんがとてもうまい。
(それでもビールを飲む俺!)

翌日、風は強いがいい天気。ただ、予定の”木漏れ日を浴びながら読書”にはチト寒すぎたけど。
那須岳のほうを回ってからはじめての蕎麦屋にいく。IMG_0422.jpg
ほし 山菜料理とそば小一時間待ったがそのかいがあった。
とても、繊細な仕事ぶりが感じられた。’うまいっ’と言うより’おいしい’かんじIMG_0427.jpg

それから、パン工房ベル・フルールでパンを仕込む。イタリア料理店に併設された店だが、ウチでは圧倒的にパン屋の評価が高い。
バイクにパンをくくりつけアルパカ牧場に向かう。
IMG_0489.jpg
こんなのばかりが(左、右のはかなり微妙)いると思ってました。でも、実際は時期的に、毛を刈り取った後だったので結構しょぼい。IMG_0471.jpg
とても気の弱い生き物なようでエサをもってないと絶対に寄ってこない。
いまひとつ愛想がないなぁと悪態をついているとヤツラが妙な鳴き声を出しているのに気づく。
で、早速?マネをしてみる。

寄ってきた。明らかに反応していた。とても面白い。
それからミートショップ鶏春に寄りローストビーフをピックアップしてから湯本温泉の鹿の湯に行く。onsen2.jpg
こんなかんじ。体の芯から暖まります。(↑HPから写真借りました)
キャンプ場に戻り、パンとワイン、ローストビーフとスープ、サラダという簡単だけどそれなりにウマイ晩メシを食べて寝る。

翌朝もいい天気。風もおさまる。
IMG_0551.jpg
くるみのパンを切る。こう切り取ると↑いい感じの絵だけど、
バイクのキャンプは荷物が限られるので実際はけっこうしょぼい。
IMG_0560.jpg
IMG_0554.jpg
これが200円で借りたやかん。とても助かりました。
IMG_0590.jpg
気持ちいいです。とても。
でも、ここでモンダイが、、、IMG_0629.jpg
スモールランプが点かない!
IMG_0574.jpg
ハーネス、コネクタをチェックするが解決せず。
ヘッドライト、ストップランプは正常に点灯するが、テールライトなしで、渋滞が予想される夜間の高速を走るのは、、、。
予定を変え昼間帰ることに。アルパカをおちょくった たたりか?!
やはり結構渋滞していた。首都高に入った頃に暗くなる。
テールライトないのは相当におっかない。しかし、もうすぐ高速終わりというときにスピードメータにj灯りがついている事に気がつく。尾灯も確認すると点灯していた!?
DSCF4701.jpg
なんとか無事ウチにたどり着く。
翌朝試してみると、やっぱりスモールランプは点かない。
ヤッパ、油断のできないバイクだ。
やれやれ

Home > 2009年09月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。