Home > 2009年06月

2009年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

蛍を見に行く

09/06/27のこと。
すみません。ナンギなG/Sのレストア?記(修理)はまだまだ続きます。正確には現在進行形です。
まぁ、でもね、あんまりひどい話ばかりなのもなんなんで、多少は光の見えてきた、現在の事をひとつ。

去年の秋、サイクリングで秩父のかおる鉱泉に泊まった。(青輪会OBランで)
広間で頭の割れそうな宴会の最中、壁に掛けてある一枚の額に目が止まる。
蛍が舞っている写真だ。
幻想的で素敵だった。

翌日の朝、美人の女将さんに蛍のことを訊く。
その写真は宿の少し上流(宿は川沿いにある)で撮ったものだそうだ。
時期は六月下旬から七月頭ぐらいがいいらしい。

で、私の妄想が始まりました。

"バイクのキャンプツアー。
夕暮れの渓流にテントを張る。
一日の行程を振り返りながら手頃な岩に座りシングルモルトを入れたシェラカップを傾ける、
夕闇がせまり、ふと気がつくと一筋の光が視界を横切る。
蛍だった。
暗くなるにしたがいすこしずつ数が増え、気がつくと蛍の光に囲まれていた。"

↑は五十になったおっさんの妄想です。ほんと、平和でいいですね。

というわけで、ピンキーさんに借りた改造ビングで大分調子が出てきたG/Sでおでかけである。
六月二十七日の昼過ぎ、パニアケースにテント、シュラフをつっこみ、ヨメを後ろに乗せ洗足を出発する。
DSCF4561.jpg

環七に出ると、かなり渋滞。しかも暑い。
結局、関越の練馬インターまで一時間半もかかる!
汗だくで疲れる。
幸い高速は流れていた。
花園で降り、一路秩父、上吉田を目指す。
五時過ぎぐらいに現地に到着。
予定では四時ぐらいには着いて、秘密のポイントを探すつもりだったんだけどね。

ん? なんかのぼりが立っている。
本日は蛍祭りとのこと!。
秩父夜祭りの太鼓の演奏もあり、、、ん、、
太鼓ぉですと、、。
わたしのイメージは、、、。
とても、適当なところにテントを張れる様子ではない。
ひとがワラワラいる。

かおる鉱泉を訪ね、本日の宿泊をお願いする。
幸いなことに大丈夫だった。
荷物を置き、風呂に入ってから少し上流に蛍祭りを見に行く。
太鼓がウルサイ。
あんまり蛍がいない、、、、。

やれやれと宿のもどると、宿のご主人が、宿の裏の川に蛍が見えるよと教えてくれる。
懐中電灯を借り、石段を降り川辺にでると四、五匹の蛍が舞っていた。
静かだった。もちろん太鼓は鳴っていない。
蛍の光に包まれる、ということはなかったが、なかなかよかった。
ホタル祭りよりは百倍よい!

次の日の朝
DSCF4564.jpg
宿のご主人に蛍のことを色々教えてもらう。
ヒメホタルという種が六月初旬に出るらしい。なかなかよさそうだ。
来年はそれかなぁ。

それから、小鹿野の街にいく。
前日、わらじカツ丼を食べにいったときに気になる店をヨメが見つけたらしい。
IMG_9564.jpgパニアケースはとても便利

ようかんの専門店。太田甘池堂 とても素敵です。
ご主人に小鹿野町の歴史を教えてもらいました。

それから奥武蔵グリーンラインに向かう。
三十年ぐらいまえは自転車で行ったところです。
上り下りの連続でとても、たいへんでした。
その点、バイクは楽。
グリーンラインは尾根づたいの道でとても展望のいいところです。
(天気が良ければね)IMG_9600.jpg
苅場坂峠
まっしろでなにも見えません。

それから、青梅に抜けて圏央道から中央道で帰りましたが、大雨で大渋滞でした。
走行距離321㎞ 平均燃費17㎞/L
IMG_9628.jpg
うちのヨメはなかなかだなぁと思いました。(よくつきあってくれました)
次の遠足はフジロックだ!。
いい天気になることを祈っています。

Home > 2009年06月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。