Home > 2009年04月

2009年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ほんと、お奨めしませんよ 

  • 2009-04-24 (Fri)
  • ETC
注意! 以下の記事は私個人の事を記しただけです。
これの真似をして事故等の問題が生じても、一切責任は負いかねます。ご了承ください。

下に書きますが、006P バッテリードライブには幾つかの問題点があります。運用するにはそれなりの注意と、もしゲートが開かなくてもあわてない心構えが必要です。

さてと、私がバイクにETCをつけるにあたっての条件は下記のようなものです。

1)ひとつでBMW R80(12V)、YAMAHA SR(12V バッテリーレス)、HONDA XL250S(6V)の三台に使える事

2)民主党政権になればETCシステムが廃止になる可能性もある→バイク本体(ハーネス)への加工は避ける

3)脱着が簡単でなおかつ、装着時になるべく見苦しくならないようにする。

4)加工が容易でコストも安いこと

以上の点を考慮してでっちあげたのがこれである。IMG_6711.jpg
すこし寄ってみるIMG_6706.jpg

タンクバッグを開くとミッフィーがでてくる。IMG_6707.jpg
アンテナ、電源スイッチ (目玉クリップにアンテナを貼り付け、トグルスイッチをつけたもの) IMG_6708.jpg
クリップを外し、タンクバッグの中に入れればそのまま持ち運べる。
しかし、改善するべきポイントはかなりありますIMG_6705.jpg
これがミッフィーの中身 9Vの006P 二個直列。IMG_6672.jpg
数人の知人が2年ぐらい前から006P 9Vバッテリーを二個直列にして使っていた。
その時の話だと、ゲートを通る時だけ電源をいれれば一年ぐらい使えるよ。と聴いていた。
しかし、今回作成にあたりググってみるとこんな記事があった
けっこう、ETC電気食うようだ。
おそらく、10Vぐらいの電圧があれば問題なく作動するだろうが当然このシステムに電圧計は付いていない。きちんとした電圧の管理が必要だ(出かける前にてスターで測る等)
また、私の収納方法だとタンクバッグの中でスイッチがオンになりバッテリーが消耗する事があり得る。電池ボックスのところにもスイッチがあった方がいい。
それと、私の入手したETCはアンテナ部にLEDのインジケーターが付いていない。
これは、かなり不安である。少し高くてもインジケーター付きがいい。そして、ケースの中にある、本体の音声ガイドは全く聞こえない。せめて、電源スイッチを通電ランプ付きにしておけば良かった。IMG_6677.jpg
こうすればいいんじゃないという点、いっぱいあると思います。是非教えてください。

Home > 2009年04月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。