Home > YAMAHA SR改(1984)

YAMAHA SR改(1984) Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

散歩 鎌倉

九月六日
1930年代にパリでコルビジェに学んだ坂倉準三の展覧会が鎌倉の近代美術館でこの日までやっていた。
天気もいい。
そういえば暫く鎌倉にも行ってないな。
横浜のガレージの掃除もしなくちゃなぁ。
わたくし、現在東京洗足に住んでますが、実家の横浜は富岡の地下のガレージにヨメのアウトビアンキA112と大改造ヤマハSRを置いてます。
ほこり、カビだらけです。
昼すぎに洗足をR80G/Sに乗り、横浜に向かう。
ビアンキを洗う。その間ヨメはガレージの掃除。

で、G/Sを置いて久しぶりに改造SRを動かす。
実質的には一人乗り仕様。それを無理矢理タンデムで鎌倉に向かう。
IMG_0148.jpg
神奈川県立近代美術館 坂倉準三の設計です。
IMG_0170.jpg
蓮の花も咲いてました。 「スピリッツ」を感じるとても素敵な展覧会でした。
IMG_0199.jpg
とても、タンデム向きとは言えませんな。
後ろのステップ、車検用の形だけです。
マフラー熱いです。当然足に当たります。
まぁ、これはこれで運転してる分にはおもしろいですが。

で、それから稲村ヶ崎のイタリアレストラン「 ロンディーノ」に行く。
鎌倉のR134沿いのイタメシ屋というと言うと味は期待できないと思うでしょ。
そんなことはないんですよ。
わたし四半世紀前からたまに通ってますが、味、雰囲気共にかなりイイです。
IMG_0205.jpg
気持ちの良い日はテラスがいい。
これは、前菜ですね。店内のケースを見て選びます。
そうして、景色を眺めていると、視界の隅に普通に、流れにあわせて走ってくる一台のバイクが、、、なにか異様な迫力を感じ良くみてみるとまめしば号が走り去ったような気が、、、。
あぁ、わたし疲れているのかも、と思いました。
IMG_0210.jpg
ピザ マルゲリータ。 とてもうまい。
夕日を眺めながら早めの夕食を終え、野蛮なSRにまたがり富岡に。
バイクを入れ替える。
SRにカバーを掛け、最後に’ポン’と叩いてBMWで東京に帰る。

二年ぶり!のオイル交換

気の毒なSR
sr0902.jpg
1998年に入手した。大改造SR。

元はこれでした
IMG_0426.jpg
かっこいいです。格好は。

私の前の持ち主はこのスタイルに惚れてオーバーレーシングと直接交渉して入手したそうです。
レース用として。
車検なし、書類では1984年のSR400。載っていたエンジンは499ccのでした。
その後、結局レースに使われることはなく、仮ナンバーで町乗りに使われただけで売りにだされました。(ストーツ改のかっこいいタンクは外して)
それを買ったのが免許とりたて!の私です。
まず、中古の400のエンジンを探し、腰上OHをして載せ替えました。
それで車検をとり乗ってみたのですが、まぁたいへんでした。
FCRのセッティング、ステアリングベアリングまわり、フロントフォークの動きの悪さ、ディメンションの問題、どうしようもないリアショックの交換→吊しのオーリンズに換えたらそれがまた最低!等々
とても内容の濃い勉強をやむなくさせてもらいました。まぁ、もともと撮影用のクルマですからなんですが機能的にはサイテーでした。(動くという意味では問題はありませんでしたが)
おかげで色々学べたんですがね。
トガシエンジニアリング、スクーデリア オクムラ等にはお世話になりました。
結局、まぁなんとか野蛮lなかんじでまとまりました。
短時間乗るには面白いのですが、元気がないと疲れます。
また、自分が乗るには割と小柄というのもあり、のどかなXL250Sが来てからたまにしか乗らなくなりました。

ふと、車計簿を見ると二年ぐらいオイル交換をしていません。
その間走行距離は二千キロぐらい、抜いたモチュール300Vを見るときれいでした。
オイル交換後、走ってみるとやはりそれなりに面白いです。(野蛮だけど)

もしも、これを欲しいという気骨のある方がいらっしゃたら連絡をくださいね。
乗ってみてください。けっこう凄いです。





Home > YAMAHA SR改(1984)

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。