Home > 乗り物バカ一代の歴史

乗り物バカ一代の歴史 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

初めてのクルマ

1980 PF60一号機
pf60_1.jpg
さっき、義理の父のミクシィをみているとhttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=10528043
(かなり、ヘンクツ?!な鈑金屋を町田でやっている。腐ったアルファを見るとやる気が出るらしい、、)
PF60のハナシが出ていた。
PF60かぁ、、、(遠い眼になる。)
俺の初めてのクルマだ。
とにかく俺はチビのときから、極端な乗り物バカだった。

小学校三年まで福岡にいて福岡市立西新小学校に通っていた。
そこでの記憶といえば三年の担任の先生のカローラ1100の事である。
そのクルマのディテールは覚えているが、先生や学校の記憶はほとんどない。
(好きだった女の子のことは例外的に記憶があるが)

不思議なぐらい、幼少の時の記憶はほとんどがクルマがらみのことだ。
親父に有楽町の映画館に「イージーライダー」、「栄光のルマン」を見に連れていってもらったこと。
晴海のモーターショーのこと。多摩テックの駐車場に止まっていたジャガーEタイプV12のこと、、、。
自分では記憶力にはまったく自信がない、というか友人には「欠けて」いると言われる。
でも、トヨタ2000GTの名古屋渡し小売り価格は238万円だったなんてことは憶えている。

で、クルマほどではないけどバイクにも当然興味があった。
ただ、横浜市立西柴中学校の一年五組の時にアライという奴が学校に「サイクルスポーツ」という雑誌を持ってきた。
はぁ、こんな世界があるのかぁと思った。
それから、毎日、金沢文庫の木下サイクルスポーツ(マニアな自転車屋です)に通うようになるまで、たいした日数を要しなかった。
その当時の夢は、大学生になったらフランスタイプのランドナーをトーエイでオーダーして友人と電気の通っていないランプだけの鉱泉宿に泊まって、地酒を酌み交わすというものだった、、、(意味不明か?)
おっさんか? ヘンな中学生である。
しかし、そんなかなり立派な自転車バカ(この頃はニューサイクリングという雑誌にかぶれていた)
も高校生になり16歳になった。
興味の中心は自転車だったがもちろん、クルマ、バイクの事を忘れていたわけではなかった。

親に黙って、学校をさぼり、二俣川に行って原付の免許を取った。
取ると、乗りたくなりますね。
で、クラスメートの古川君からヤマハのRD50を借りて乗っていた。
まぁ、そんなことをしていると親に見つかるものですな。
怒られるというよりも 危ないから、たのむからバイクだけはやめてくれ、そのかわり大学に入ったらそこそこの値段のだったら好きなクルマを買ってやるからと言われた。

いやぁ、バカ息子まるだしですね。(でも、親父もかなりのクルマ好きだった)
で、高校ぐらいからカーグラフィックを聖書のように読み込んでいた俺は
80年2月号の山縣(漢字、違うと思います。すみません。)さんの書いたZZ/Rのインプレッションにとても感銘を受けた。
すばらしい!これしかない!
親父にそれを読ませ、買わせることに成功した。
免許取り立てでいすず ジェミニZZ/Rの新車を買ってもらいました。
バカ息子炸裂です。
うれしくて、走りまわりました。ヒール&トゥの練習とかやりまくりです。
上の写真を見ると、ナンバープレートがぐしゃぐしゃなのがわかるでしょうか。
当時、夜中に箱根、旧街道、七曲がりでどアンダーを出して曲がりきれずに石垣にクラッシュしたなごりです。
ほんと、バカ。
もし、高校のときバイクに乗っていたとする。
どうなっていたかなぁ。
多分ホンダのヨンフォアを改造していたのでは、、、。
朝比奈峠で死んでいる可能性がとてもある。

俺が中型自動二輪の免許を取ったのは39歳の時だ。
今となっては、それで良かったような気がする。

親父は俺が29の時、59歳で胃ガンで死んだ。
機械好きで、中学生だった戦争中、飛行機にのりたくて陸軍少年飛行隊に志願した。
しかし、近眼ぎみだったためパイロットにはなれず整備に廻された。
それで、キ61飛燕をいじっていたらしい。
戦後は銀行員になり外為の専門家だったのだが、機械いじりが大好きだった。
もっとも、晩年はテニスバカだったが、母親が言うにはバイクにも乗りたかったらしい。

俺のいじったバイクに乗ってもらいたかった。

我が家の最初のクルマは日野コンテッサ900の中古だった。
たしか9万円だったような気がする。

ぼろで、しょうちゅう止まっていた。
親父は、しょうがないなぁといいながら楽しそうにポイントやデスビを磨いていた。

チラシの裏もいいところ。めちゃめちゃな文章ですね。すみませんでした。



Home > 乗り物バカ一代の歴史

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。