Home

パタパタ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

形あるもの必ず壊れる その2 〈クランク リアシールからのオイル漏れ〉

シリーズ第二弾!?
ずいぶん 間があいてますが、、、。
さて、時は遡って昨年の7月の事です。
毎年恒例`フジロック’参加の時、早朝苗場に着いた時、ふと見ると

DSC00614.jpg
ありゃま!

直前にオイル交換をしました。 そのとき入れ過ぎたので、オーバーフローしているのだろう、、、と思いこもうとしましたが あまりに無理があるよな。
クランクシャフトのリアエンドのオイルシール、アタシは交換していません。 ということはオリジナル(1980年製)の可能性が高いなあ。 当時はなかった、PAO系の化学合成オイルも入れたことあるしなー。 PAO系は未対策のオイルシールを収縮させます。 
 
                        *     *     *     *     * 

DSC02430.jpg クランクシャフトのリアシールというのは、矢印のところっす。
(これはアタシのではなく、ヒラさんの30万キロ以上走っているR80の参考画像)
単体だと
IMG_5135.jpg
こんなの。  交換用のシールは持っていますが、ここを変えるのは、専用の治具がないとキビシイようです。
ということは、お店に出さなきゃだめかー。

オイルはクラッチにも回ったんだろうなー。 5000回転ぐらいでスロットルを全開にすると車速と比例せずに回転が上がる!    いつの間にかCVTになったんか?
でも、逆に考えると、負荷をかけなければ、とりあえずはイケル。 高回転、スロットル開度1/2以上にしなければ まあごまかせる。現状でも高速で120kmぐらいはだせる。(タンデム、キャンプ装備で)

どうせ、ミッションを降ろすのなら、ミッションも換えたいなあと思っていたのでした。
なぜなら、このG/S、オリジナルのミッションはドックがガタガタで 88年頃の後期型のミッションを使っているのだ。 ←気にいらない。     時代のあった81年頃のミッションの素材は持っているので、どうせバラスのなら 整備して、乗せ換えたい、、。             

でも、色々あって、今もそのまま、ごまかしながら乗っているのです。

買うてもうた!

しばらく、`形あるもの必ず壊れる’シリーズ? でいこうと思っていたのですが、ちょっとジャンルを変えて。

4月の第三土曜日は、東京の自転車フリーマーケット祭り。
長く続いている関戸橋と、数年前から始まった、古物に特化した京王閣 (競輪場です)のフリマがあります。
わたしは、いつもは自転車で行くのですが、事情があり今回はG/Sで。

関戸橋をチェックしてから京王閣に向かう。 青輪会OB連中は、いつものあたりに出品していました。
20150404_9L.jpg
オヤジ祭りです。 

知り合いに挨拶しつつ、まわりのブースを冷やかしていると、
DSC02571.jpg
昔のカンパのTレンチを発見、、、
以前ブログで書いたが、昔、欲しかったけど、予算は限られていたので買えなかった。
当時、2000円はしなかったように思う。

80年代初期モデル NOS 4000円、、、、微妙な値段だ。

IMG_5008.jpg
買っちゃった。  Campagnolo T - Wrench 6-8mm 80's model

より古いモデルの方がありがたみはあるけど、やっぱ良く出来てます。
これとマイナスドライバーだけで前後の変速機がメンテできる。

まあ、わたしは当時?!のレースメカではないので、
画像↑の加工品があれば、まったく不自由はないけど。 

けっこううれしい。 しかし、`工具マニア’と言われても否定できんな。

形あるもの必ず壊れる 〈クラッチ レリーズアームの損傷!〉

再開すると書いたよなー。 すみません、すみません。ゆるしてください。

というわけで、なにからいくかな。 まあ、ほとんどの読者の方の興味はバイク、それも古いBMWカンケイだろうからなあ。

じゃあ、先ずは、去年の5月のこと。 Facebookにはザックリと書いた内容です。

DSC09424.jpg
‘あれれ!? クラッチが!’

DSC09423.jpg
‘げっ、ワイヤーじゃないんだ!’



「ヨメとタンデムで、豆大福を護国寺の‘群林堂’に買いに行こうとバイクでウチを出てすぐのことです。 目黒通りの交差点でクラッチレバーを握ると、、、。    こりゃ、クラッチケーブルが切れたかしらとチェックすると、切れてません。 ?なんだ?とミッションを見てみると、、、。 アルミのレリーズアームが折れてます!、、、。  JAFに電話をし、目の前あったはらどーなつと五十番で買い食いをしました。 うまかったぜ。」 、、、、


DSC09432.jpg
DSC09445.jpg

外してみる。
IMG_0009.jpg
きちゃない!

IMG_0015.jpg
断面を見てみると、‘巣’があったよう。

アームの在庫、たぶんあるはずと、実家の物置を探してみると
IMG_0018.jpg
やっぱあった!
ほんとは、ピボットのベアリングは入れ替えた方がいいのだが、
IMG_0019.jpg
ベアリングの程度のいい方のアームを使い、劣化したOリングを除去し洗浄→折れたアームから 比較すると程度の良いOリングを外し移植。新しいグリスを詰めクラッチレリーズアームを装着。

クラッチが軽くなったぜ。 やれやれ

※こんなことあるんかいな?と思いましたが、ヘンタイで有名な H江くんも折れたことがあるらしい。
かといって こんなののスペアを積んどくというのもなんだし、祈るしかないかなあ。
因みにワタシ、緊急用クラッチワイヤーは車載してます。




「ハンドメイドバイシクル展」のおしらせ

1月23(土)、24(日)の二日間
毎年恒例の「ハンドメイドバイシクル展」が開催されます。
場所もいつもの、なんとなく‘ウルトラマンっぽい’科学技術館。
ワタクシ大北は、土曜日に行きます。 ↓ 公式ページ
http://www.cycle-info.bpaj.or.jp/?tid=100234

以前、こんな記事を書きましたが、自転車好きに限らず、‘ディープなキカイ好き’ にはタマランものがありますよん。

たいへんご無沙汰しております。

16賀状

 ※一年ほど! 更新をさぼっておりました。 
 すみません、すみません。
 再開!?する しょぞんでございます。

サンタさんのプレゼント ‘アーミーナイフ’ のはなし

クリスマスの朝、イイ子?のわたしに、サンタが来た。

IMG_8450.jpg
ビクトリノックスのアーミーナイフ。
ん?!

記憶の良い読者の方は憶えているかもしれないが、ウチのG/Sの車載工具袋のなかにも入ってる。

IMG_8451.jpg
較べてみると
IMG_8452.jpg
ちょっと、厚さが違う。

車載にしてるのは、もちろん‘緊急時’を意識しているのですが、実際の用途はというと、
DSC03755.jpg
パンを切るとか、ワインの栓を抜くとかです。

           *     *     *     *     * 

皆さんご存じでしょうが、わたし、バイクでキャンプとか林道散策とかが好きです。

DSCF3292.jpg
こんなところでは、ちょっと、小枝をどうにか、、とか思ったりします。(そういう問題か?)

さて、ナイフをひらいて較べてみると
IMG_8478.jpg
上: ピクニッカーNL 下: ラックサックNL 
おっ! ノコギリがついてるぞ。(重さは21g増)

もちろん、こんな 8センチ程のささやかなノコじゃ
DSC02573.jpg
こんなのは、どうしようもないけど。


薪に切り込みを入れ、蹴っとばして短く折る。
そんな用途には充分役に立つ。
DSC06026.jpg

うれしいなあ。サンタさんありがとー。


愛用していたピクニッカーは、ベッド脇に置いてある‘避難袋’に。
こちらは、‘役に立つ状況’ にならないことを祈る。

川俣檜枝岐、田代山林道ツーリング 2014年10月25日

DSC08415.jpg 川俣檜枝岐林道 福島側 BMW R80G/S

なんか、ずいぶんと‘間’が空いた気がするけど、前回の記事の翌日のハナシです。

            *     *     *     *     * 
例によって寝坊して、大田区洗足を出たのは6時40分。
荏原から首都高に乗り、東北道に。
けっこう渋滞していて日光口PAに着いたのは9:20
DSC08359.jpg
きのこ汁: 飛ばしたわけじゃないけど、やっぱ身体は冷え冷え。暖かいものがうまいっ!
で、日光で高速を降りる。ここまで家から170km。
DSC08360.jpg
霧降高原を通って川俣湖へ。
DSC08365.jpg川俣大橋
11:30 橋を渡って右折、そこからが川俣檜枝岐林道。
DSC08368.jpg
最初は舗装。
DSC08372.jpg
ほどなくフラットダートに。
DSC08380.jpg
たまに水溜まりはあったけど、荒れていない。
DSC08387.jpg
土呂部峠との分岐
DSC08388.jpg
少し進むと
DSC08395.jpg
馬坂沢第二砂防ダム
DSC08397.jpg
峠の手前に砂利の深い区間が数キロあったが、概ね良好なダート!
DSC08407.jpg
12:50 馬坂峠 標高1,790m 栃木側ダート26.5km
DSC08405.jpg
DSC08402.jpg
湯を沸かし、
DSC08404.jpg
こういうとき、カップヌードルがウマイ!

DSC08424.jpg
福島側も良好な路面:ダート11km
DSC08427.jpg
そういえば、安ヶ森林道の福島側もフラットダートだったな。

で、林道を抜け、尾瀬檜枝岐から、湯ノ花温泉に抜ける唐沢峠で、トンネルが出来たことで旧道となった林道に行ってみた。
DSC08435.jpg
最初はこんな良い雰囲気の道だったが、、、。
因みに後ろに積んでいる、プラの箱の中身はというと、前後のスペアチューブとコッヘル、ガスストーブ。

このあと、廃道状態になり、轍、雨溝深くなる。ヌルヌルでスタックしかける。
ひとりだし、先もあるので無理をせず、バイクを横倒しにし、シリンダーヘッドを支点にして180度方向転換。
あきらめてトンネルの新道へ。 

フラットツインは、エンジンのでっぱりが邪魔に思う時がある。けど、役に立つことがけっこうありんす。
しかし、G/Sでもスタックさせちゃうとけっこうタイヘンです。それなのに、RSでしょっちゅう、わざわざタイヘンなところに突っ込んで行き、スタックさせて喜んでるマックスフリッツのサトーさんは不思議な人だなあ と思うのであります。

で、湯ノ花温泉15:10 を経て田代山林道
DSC08439.jpg
15:45 田代山峠 福島側ダート14km。
DSC08442.jpg
‘秋の日はつるべ落とし’ 日陰はけっこう寒い。

DSC08449.jpg
DSC08453.jpg
栃木側  ダート10.5kmだが、けっこう、あたらしい舗装区間が混ざる。油断できない。
DSC08456.jpg
16:18〈栃木側ゲート〉
田代山林道完走!

それから、また、霧降高原を抜け日光へ。
コンビニで休憩し、17:30に高速に乗る。



渋滞をすりすりして、21時前に帰宅。走行距離542km(内 高速335km、ダート65km)
楽しかったー、天気よかったし、紅葉を満喫。 けっこうおなかいっぱいで、翌日足腰ガタガタでした。

しかし、オチがないな。 まぁ、林道情報ということで。

※前輪タイヤを試しに IRC GP-110 3.00S-21にしてみた。ダートでは違和感がないけど、舗装路では妙に神経質な印象。空気圧にもすごく敏感。グリップ感はあるんだけど。 プロファイルがG/Sに合ってないのかしらん?

日本地図センター

皆様、たいへんご無沙汰しております。
わたくし、息をしておりますのでご安心ください。←モリムラくん! 生きてるよー。

さて、この週末、天気もよさそうだし、近所のKウチさんは野蛮なKTMで修行ツーリングに出かけるらしい。
いいなあ、、。
そういえば、3年前の5月、サイクリングに行ったときに通れなかった田代山林道に行きたいなあ。
と思い、発作的に明日土曜日行くことにしました。
でも、へなちょこなんで、自転車じゃなくバイクでですが(R80G/S) ゴメン!

で、‘自転車に〈あんまり〉乗らないサイクリスト’のワタクシは、ツーリングマップルだけじゃなく国土地理院の地図も持参したいのです。
うちにある20万分の一の地勢図を見ると、あまりに古いので行きたい道が載ってません。
で、目黒区青葉台にある‘日本地図センター’に行きました。
DSC08354.jpg
もう、素晴らしいです! 一日いたいような場所っす。(撮影の許可はいただいてます)

‘日光’の地図を持参した古いのと較べると、ずいぶんと違いました。
新しいのを買うとき、職員の方に‘やっぱ、古いのと随分ちがいますね。’と言って、持参した地図を見せたところ、興味深そうにご覧になったあと、おっしゃりました。

‘これは、古地図ですね。’
IMG_8303.jpg
そりゃそうだ。

昭和54年発行とあります。ワタシが買ったのは 1982/6/5 らしい。

新しい地図を、青輪会(大学のサイクリングサークル)に入ったときに最初に教わった畳み方で折る。

明日、良い天気だといいな。

ネジは気持ちよく回したい。

Ko-kenという、ソケットレンチを得意とする工具メーカーがあります。
そこにZ-EALという、近年のスペースの限られたクルマ用に作られたシリーズがある。
ガタの少なさ、コンパクトさを狙ったものです。
それに、1/4sqシリーズが追加されたので、幾つかコマを買ってみました。
1/4のソケットのコマはそこそこ持っています。
それなのに買った理由は長年の懸案事項 ←かなりオオゲサ!が 解決できるかも?と思ったから。

            *     *     *     *     * 


IMG_9394.jpg
‘Campagnolo Record’ 多分1972~3年のモデル 通称 ‘ナメクジ 3点デベソのカンパレコード’ ←しかし、ヒドイいい方だな。
使い始めてから、41年目!になる自転車のフロントディレイラー(変速機)です。
ガタが増え、ギタギタですがまだ使えます。
これをフレームに固定するには下の写真のフィキシング・ボルトを締めるのですが、
IMG_9401.jpg
ボルトの廻りのスペースが限られています。
IMG_9408.jpg
スタビレーの1/4sq 8mmソケット(Φ11.95mm)を当ててみます。
バンド部に干渉して、かかりが浅くキビシイものがあります。

そこで、ワタシはいままでスパナを当てておりました。
IMG_9406.jpg
そんな、しょっちゅういじる箇所でもないし、必要なトルクもたいしたことないから問題はないのですが、、、

因みに、流石カンパの純正工具には素晴らしいものがありました。
<br />T
〈画像お借りしてます〉
横棒は6mmのアーレンキー、8mmボックス部は樽型になっている。
あ~!やっぱカッチョいい! 良く検討されたカタチです。買っとけばよかった。でも、当時高かったんだよな~。

というわけで、Z-EALの8mmソケットを買ってみました。
しかし、かかりは、マシではありますが、やっぱ厳しかったです。
まぁ、その時は旋盤で削ればいいかと思っていたのですが(安い工具だし)、ちいさいものだし、1/4sqだよな。
ハッ!
IMG_9417.jpg
これがZ-EALの8mmソケット、手前はビットレンチに1/4sqソケットを付ける為のアダプタ。
これを使えば、、そんな精度は必要ないし、、、。

              *     *     *     *     * 

DSC06863.jpg

昨日、愛妻が10日間の出張に。  とても寂しいです。

それゆえか?、空港からウチに帰ると、、、
IMG_9377.jpg
居間でギュイ~ンとドリルを回し、油を付けたヤスリを当ててしまうのでした。
ソケットにビットアダプタを付ければ、ハンドドリルに咥えられるのだ。
IMG_9387.jpg
左:加工前、右:加工後
使ってみると
IMG_9413.jpg
バッチリだぜ!
あ~っ すっきりした。
じゃあ、次は
R80G/Sのキャブレターのオーバーホールでもやろうかな、居間で。
ガソリンは臭いんだよなぁ。

‘愉悦の around 50ps’ !?

IMG_9306.jpg
     
先週末、‘別冊モーターサイクリスト 418号’が届いた。
46ページからの‘BMW50ps フラットツインの魅力とは?’というところに取材された記事がのっております。

            *     *     *     *     * 

4月上旬、BMW R80仲間の ‘ひらさん’ から電話をもらいました。
なんでも、‘別冊モーターサイクリスト’の阪本さんが、‘魅惑の50馬力’ (仮称)というテーマで次号に特集を考えていて、30万km以上!の走行距離を誇るひらさんに取材依頼をしたらしい。
そして、他にR80に乗っている知り合いの方はいますか?と問われ、「それなら、R80G/Sに乗ってる、そうとう偏った趣味人がいます。」と答えたようです。そして、わたくしに取材はOKか?との打診がありました。
若干、そうとう偏った趣味人というのにひっかかるものはあったのですが、興味はあり、取材を受けたのが4月の連休前でした。
DSC06144.jpg
印旛沼周辺で。ひらさんのご近所の‘すーさん’も交えて、取材&プチ交換試乗会。
面白かったー。
しかし、困ったのは、カンジンな、今回のテーマである‘50馬力’についてのハナシでした。
50馬力ありきでR80を選んだわけじゃないしね。、‘使い切れる’とか ‘不足はない’とかになっちゃうんだけど。
なんか地味だよなあ。
 

             *     *     *     *     * 


IMG_9351.jpg
読んでみると、わたくしたちの、とりとめのないハナシがちゃんと纏まっています。
さすが編集長!
しかし、‘ディープ’なとか‘ねっちりといじり走らせる’とか、誤解(笑)を生む表現が多い気がするな。
記事のなかで、このブログも‘超マニア的’と紹介されたし。

別冊を見て、初めてここを訪れた方、実物のわたくしは爽やかなオッサンですよー。
更新は不定期で間隔も開きがちですが、RSSリーダーとかを利用して、また見てくださいね。


Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。